レイポンの布小物

レイポン手作りの布小物、バッグ・洋服などのご紹介。
感じること

決めれない顔以前、作ったバンビのぬいぐるみです。
目と鼻を決めれずそのままにしてました。
最近は立体的なものを作るのが楽しくて部屋に飾れるような置き物などを布でつくっています。

もうかなり前のことですが、その頃の私は、友人が悲しんでたり悩んだりしてた時にぬいぐるみをつくって贈っていました。
ほんとにクタクタなお人形だったけど、その頃の私はミシンも持っておらず手縫い。きっと今、見たら恥ずかしくなってしまうくらいのお人形だったと思います。
もしかしたらつくることの嬉しさや喜びはその時期からあったのかもしれません。そして贈った友人がとても喜んで大切にしてくれたことの喜びは私にとってそれ以上の喜びでした。
少しずつですが時を重ね、その頃のものよりも良いものが出来るようになったと思います。
実は同じ気持ちを師匠に会ったときも感じました。一緒にものづくりをしたときに何と楽しかったこと。嬉しさも喜びも感じました。
師匠は今、長いたびに出かけられています。もう直ぐ帰国されます。
長崎は気持ちの良い風が吹いています。


コメントは受け付けていません。